27 Aug会社設立の流れ

■会社設立の大きな流れについて
会社設立にはあらゆる意味で体力が必要なのは言うまでもありません。
まず思い付くのは資金調達かもしれませんが、お金の事以外にも、いざ会社を設立するとなると事前に用意しなければいけないものはお金以外にもたくさんあるということが分かります。
まずはその手順についてアバウトでは有りますが下記のようになります。
最初に行うのは会社設立の準備として、設立項目の決定と印鑑の作成です。
次に、会社定款の作成と認証手続きが必要となります。
3つ目に、登記書類の作成として、資本金の払い込み、複数ある申請書の作成を行います。
4段階に入ると、会社設立の登記が必要で、例えば設立登記の申請、登記簿謄本の取得がこれに当たります。
5つ目に、開業の届けでを行います。
例えば銀行口座の開設や、税務署に必要書類を届け出ます。
最後に、いよいよ設立完了となります。
その際には助成金の申請を行ったり、運営自体にやっと入るというような流れです。

■会社概要の決定について
一番最初に行う、設立項目の決定について、会社概要がこちらに該当します。
この時点で、かなり具体的な会社像を固めておかなくてはいけません。
社名もこの段階で決定するわけですが、考えた社名がOKとなるとは限りません。
また、所在地や事業目的、出資者の決定、株式会社であれば役員、決算期等をこの段階で決めなければいけません。
会社概要の決定は、その後の会社定款の基礎となるものであり、その会社のベースになる大事な段階です。
しっかりと将来を見据えて、熟考する必要があります。

[関連サイト]
会社設立を神戸でする時の口コミや評判の良い税理士を比較

27 Aug起業した後のこと

■起業がゴールではありません
起業するというのはとてつもないパワーを消耗します。
業界研究から、開業する場所の調達、顧客の獲得など、行うことは多岐に渡ります。
また、もっとも頭が痛い問題はお金の問題でしょう。
物件や備品の購入、必要であれば物件のリフォームや改造などがありますし、それ以外でもいざ起業後のある程度のマイナスを見越しての余力としての資金調達といった具合に、いくらあっても足りないですが、集めるには限界があるのがお金です。

■起業した後に悩むのも「お金」
夢の起業、それでもやはり現実的に考えることは必要です。
その時やはり、ヘビーな問題になるのが金銭面です。
仕事をスムーズに回すこと以外にも、起業者には思った以上に財務的な業務が多い事に驚く人も少なくありません。
その場所で粛々と業務を行っているだけで労働が発生している限りお金は動きます。
資金繰りというのは経営者の大きな悩みと言っても良いでしょう。
ランニングコスト、つまり運転資金はいくら事前に資金を豊富に用意したとしても、売り上げがない限り確実に削っていくものです。
経営には売り上げがあって初めて成立するものなのです。
そこで大事なのはキャッシュフローです。
運転資金が毎日、毎週、毎月いくらかかるのか、例えば設備の維持、販売管理費、人件費など沢山あります。
更にはそれを回収するにはいくら位の売り上げが必要なのか、もっと言うならば、利益を出すためには…等お金の管理が鍵です。
その体力も残しながら経営者として、どう進んでいくべきか、やりたい事を出来るのが起業というわけでなく、しっかりと地に足を付けた現実的な「目」が必要となります。

[関連サイト]
起業を神戸でする際の税理士選び – 口コミや評判

27 Aug開業で多い業種

■開業におすすめの業種、実際に多い業種
まず、開業しやすくお勧めの業種についてだが、これは塾・スクールといったものや、フィナンシャルプランナー、司法書士、社会保険労務士等、極端な言い方をすれば、教室、事務所になり得る若干のスペースと、知識と必要に応じた資格があれば開業が可能な業種が挙げられるでしょう。
資金さえあれば身一つで、仕事として成立するということで、条件にあう物件を探すにしても、その条件は他の業種に比べると部屋の広さ、スペック、改造等を考えても緩くても大丈夫という事が多く、更には予算的にも圧迫する事はあまりありません。
他にも、最低限の資料や教材がそろっていれば業務も可能です。
生徒や顧客獲得に苦労は要するものの、新規開業をするにあたっては、そればかりはどの業種を選んでも同様に大変なものでしょう。
更には初期の設備投資というのも大きなものは必要ありません。
最低限強いて言えば、スクール系であれば、生徒と向き合う為の机やスペース、「先生」系であれば打ち合わせスペースと書斎程度でしょうか。
では、実際には多い業種というのはどう行ったものなのでしょうか。

■開業で多い業種は「飲食・サービス業」
特に、若い世代で多いのが居酒屋、カフェといった飲食業やサービス業です。
学生の頃から利用する機会も多く、また、アルバイトとして働くこともあったり、または近年では文化的な助けもあり、憧れから開業をする流れが多いようです。
ただ、こういったサービス業はやはり前項で挙げたものとは違い初期投資に相応の資金が必要になります。

[関連サイト]
神戸で開業際におすすめの税理士ランキング

27 Aug創業融資額の平均

■ 「創業融資」とは
創業融資とは何かというと、設立して時間がたっておらず、売上や利益がまだしっかり実績として残っていない会社でも、融資を受けることが出来る制度のことを言います。
創業融資には2つの制度があり、その2つとは、日本政策金融公庫と、信用保証協会からの融資制度があります。
まず、日本政策金融公庫についてですが、条件は「担保不要であり、社長が借金の連帯保証人にならなくても良い」というものです。
次の組織に信用保証公開があります。
中でも自治体、信用保証協会、金融機関の3種に分かれ、それぞれの組織によって役割が分担されています。
具体的には、自治体は創業融資の借り入れ条件の決定、信用保証協会は読んで字のごとく保証を行い、金融機関は以上の2つに基づきお金を貸す機関となります。

創業融資を行っている組織が複数存在すると言う事は、それぞれで借り入れに必要な条件等が複数存在すると言う事です。
その条件やメリット・デメリットはそれぞれの組織によってまちまちで、自分がいざ融資を受けたいと考えた時、どれが一番ベストなのか、或いはどの融資であれば受ける条件がそろっているか、受ける事が可能かを事前に調べる必要があります。

■創業融資の平均額について
日本政策金融公庫での2009年時点での実績を挙げたいと思います。
それでは、平均は666万円と言われています。
内訳は、およそ500万円未満が約45%、500万から1000万円未満が約35%、1000万から1500万円未満が約10%といった形です。

[関連サイト]
創業融資 神戸.net 【税理士の比較ランキング】

27 Aug確定申告の時期

■「確定申告」とは
1月1日から12月31日に所得があった人は税金の金額を計算した上で、「確定申告書」を税務署へ提出し、申告・納付します。
これを確定申告の申告納税を言います。
合わせて確定申告には、所得間の損益通算、所得控除、税額控除といった、所得税の再計算をして納め過ぎた税金を還付してもらう為の還付申告というものがあります。
有名なものでは、医療費控除、住宅ローン控除があります。
確定申告をするには、色々な注意点がありますが、そのうちの一つに、複数ある申告書のどれを使うべきかというのがあります。
確定申告書の基本型には「申告書A」「申告書B」「申告書第三表(分離課税用)」といった3種類があります。
「申告書A」は、企業から給料をもらっている人、株の売買をしなかったものの配当を受け取っている人、年金を貰っている人等が該当します。
「申告書B」は申告書Aの該当者でも使用可能です。
なぜかというと、申告書Aは、申告書Bを簡単に略した書類だからです。
しかし、不動産経営としている人、フリーランス・自営業をしている人は申告書Bを使って申告をすることになります。
上記の人は申告書Aですと対応が出来ません。
最後に「申告書第三表」は株、土地建物の譲渡があった人が該当します。

■確定申告を行う時期について
確定申告対象の時期は先述したとおり、1月1日から12月31日となります。
この期間の確定申告の受け付けはだいたい毎年2月中旬から3月中旬です。
春が近づき、何かと忘れられがちですので気を付けましょう。

[関連サイト]
確定申告 神戸.net 【税理士事務所の口コミ・評判 ランキング!】

27 Aug記帳代行のメリット

■「記帳代行」とは
企業・個人問わず、仕事をし、その報酬に金銭の授受が行われているといういわゆる「職場」では、税務申告や経営状態を把握するために、帳簿を付けるという作業は必要不可欠です。
しかしこの帳簿を付ける作業は大きな手間がかかり、場合によっては専門知識を有することもあります。
税理士の業務の中には、記帳代行も含まれます。
毎月領収証から通帳コピー、請求書等を顧客から引き上げ、会計帳簿・計算書類を作成し納品します。
経理業務を一括して受ける事で、相互の矛盾なく正確な書類を作成することが可能です。

■記帳代行を税理士に頼むメリット
まずは、大きなメリットとして、負担軽減というのは真っ先に挙げられます。
経理専門に、知識を持った人間が、相応の人数が揃っている、ということで有れば良いですが、通常業務と経理業務を同時に行っている場合は、大きな負担であると同時に、会社にとって大事な「数字」にミスが発生してしまう可能性があります。
負担軽減というのは、この懸念を回避するのに繋がります。
会社の「数字」をミスなく把握する事ができることは、経営上最も大切な事です。
事務的な作業であるが故、軽く見られてしまいがちですが、記帳代行をプロに頼めば正確な数字を把握する事が出来ます。
他にも、メリットはあります。
分散してしまっている業務を経理を除くことで集中させることが出来る点。
スピーディーな経理処理でいつでも正確な数字を知る事が出来る点。
経理部門へ新たな人件費を割く必要がないため、コスト削減へ繋がる点。
今、帳簿を付ける作業が負担になっているのであれば代行をお願いする選択を考えてみるのも良いかもしれません。

[関連サイト]
記帳代行できる神戸の税理士の口コミ、評判ランキング

27 Aug顧問税理士の料金

■「税理士」とは?「顧問税理士」とは?
まず、そもそも税理士とは何をする人なのか、ということについてですが、大まかに言うと「税」に関わる処理作業の代行、書類作成、そして相談を承ることです。
税理士でなくても、個人で出来ることというのも中にはありますが、知識のある人間が行うことで圧倒的にスムーズで効率よく、仕事やプライベートの時間を過ごすことが出来ます。
そして、その業務を個人或いは法人と「顧問契約」を結んでいる税理士を顧問税理士と言います。
顧問契約内容は、それぞれの関係によって違うので一概ではありませんが、顧客とより密にコミュニケーションを取ることになるので、単純に税務処理のみの関係に留まりません。
より密に関係が成るということは、税務以外のお金の流れもおのずと知ると言う事です。
その税理士の経験とスキルから、税務以外の経営・金銭的なアドバイスを受けることも可能であり、とくに経営戦略面では強いアドバイザーとなってくれるでしょう。

■「顧問税理士」、その顧問料について
個人・法人がどのような顧問契約を結んだかによって、その顧問料は様々です。
ただ、おおよその相場は存在します。
月額での顧問料とした場合、個人では約60%が2万円以下、法人の場合は約50%が3万円以下というデータがあります。
決算に関しては、「決算料」として個人では約40%が5万円以下、約60%が20万円となるようです。
しかし、あくまで先述の数字は相場であり、とくに法人の場合はその企業の規模(主には従業員数、年商)によって顧問料は変化します。
規模が大きくなればその分、作業や責任も大きくなるためです。

[関連サイト]
顧問税理士を神戸で依頼する 【口コミや評判の比較ランキング】

27 Aug神戸にある税理士の口コミ

■ 税理士とは
税務の専門家である「税理士」の業務は大きく分けると3つあります。
「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」、この3つです。
それぞれ、具体的にどのようなものかというと、まずは「財務代理」については、納税者の代わりに税務署への税金の申告や申請を行う業務の事を指します。
次に、「財務書類の作成」ですが、これは主に財務申告書の作成、他にも財務官公署へ提出する各種申告書・申請書・請求書等の書類を作成するものです。
そして最後に「財務相談」、税金についてのあらゆる相談を受けることです。
この3つは法律によって定められています。
また、それぞれの経験値やスキル、合わせて人柄といったところがその税理士の魅力であり、実力・評価へと繋がります。

■神戸市にも税理士は沢山います
税理士の大抵は事務所を開いており、そこで税理士業務を行っています。
税理士法人もあり、ネットはもちろん、そこから税理士事務所を検索する事が可能です。
神戸の人柄というのが、基本的に温かみのあり人助けが好きな性格の人が多く、税理士も同様で、相談をしやすい事務所が多いようです。
他にも神戸らしいと感じるのは、その事務所の上品な雰囲気でしょうか。

■神戸市の税理士についての口コミ
少し前から、財務処理に時間を割くことが難しくなり、税理士への相談を決めました。
「税」ということで、税理士とはどんな人で、税理士事務所とはどんなところなんだろうと固いイメージがあり緊張していましたが、そんなことはありませんでした。
信頼できるプロにお任せすることにし良かったと思っています。

[関連サイト]
神戸の税理士 口コミ・評判 ランキング
三宮 税理士の口コミ・評判 ランキング

07 Jun税理士 大阪市

税理士や行政書士、司法書士に弁護士など、いろいろな士業があります。

最近、独立志向の人が増えていることもあり、こういった士業は特に人気が高まっているようです。

税理士の仕事をして、将来独立したいと思っている人もいるかも知れません。
今回はそういった人のために、税理士の仕事について簡単にご紹介していきたいと思います。

【企業や個人の税金を支える税理士】

税理士の仕事、というと、企業を相手取っていると思われがちですが、実はそうでもありません。個人向けの節税方法や、税金に関する問い合わせについても柔軟に対応しています。

特に、不動産登記、株式投資をしている人などになると、こういった税金の管理を税理士に任せているケースも多くなります。
企業と異なり、個人の場合顧問料も安めに設定されていますから安心です。

【税理士とその仕事内容】

基本的にいくつかの企業の顧問税理士などになり、報酬を得ているケースが多くなっています。

最近は税務を基盤とした、経営コンサルティングを行っている税務士などもいますので、そういった人の場合、よりサービスの対応力が高くなるでしょう。たくさんの税理士がそれぞれの理念の下で仕事をしています。比べてみるのもおもしろいかもしれません。

【関連サイト】
税理士 大阪 – 奥典久税理士事務所は大阪市内にある信頼できる税理士事務所です

07 Jun税理士 大阪市北区

大阪市、北区。ここ周辺で自営業などをしている人も多いでしょう。
そういった場合、税務に関してはしっかりと行えているでしょうか?税務はとっても重要なもの。場合によっては、悪意がなくても脱税とみなされてしまうこともあります。

自営業者の方の場合、税務に関して意識することになるのが確定申告の時期。
毎年、二月からバタバタしてしまう人も多いはずです。

そんな状況の中で、面倒な税務をしたら申告ミスなどが発生し、再申告などの面倒な事態に巻き込まれてしまうことも考えられます。
こうならないように、顧問税理士を付けるようにしましょう。これにより、安心して税金の仕事を任せることができます。

【自分でやる税務処理】

もちろん、無理に税理士に依頼しろ、と言っている訳ではありません。
最近は会計処理ソフトなども進化していますので、確定申告用のソフトも多く準備されています。

こういったソフトを活用し、解らないことがあったら税理士に相談する。こういった風に組み立てている人も多くいるようです。

【税理士に任せた場合】

確実に税務処理を行いたい、節税についても詳しく知りたい、こういった人は税理士に依頼するようにしましょう。それにより、確実に税務を代行してくれることになります。